二日酔いになるメカニズム

二日酔いになるメカニズム

二日酔いになる原因について考えていきましょう。二日酔いになってしまったときにはとても苦しい思いをするといってもいいですよね。だるさや吐き気というのは、一日寝ていたとしてもなかなか治まるものではありませんので辛いです。ですから、あまり二日酔いで苦しまないというようなためにも二日酔いになるという原因を知っておくといいでしょう。

 

基本的にはお酒を飲み過ぎてしまうということで二日酔いというのは起こるものです。しかし、あまり飲まなかったとしても二日酔いになってしまうことだってあるのです。体内にアルコールが入ってくることで、肝臓というのはアルコールを分解していくことになります。肝臓の中では、アルコールというのはアルコール脱水酵素の作用を持って、アセトアルデヒドという物質に分解されることになるのです。

 

次にこのアセトアルデヒドをアセトアルデヒド脱水酵素というもので分解していくことになります。こうして最終的には酢酸として分解されることになるのです。このアセトアルデヒドから酢酸へと分解されていく段階で、頭痛が起こってしまったり、顔が赤くなってしまったりするのです。

 

最終的には肝臓の中でアルコールは水と二酸化炭素に分解されていくことになるのです。ですがこうした処理がスムーズに行くというような人であると二日酔いにはならないのです。お酒にはめっぽう強いといった人が偶にいますが、これは肝臓のアルコール分解能力といったものがとても高いのです。二日酔いが起こってしまうという人は、反対に肝臓のアルコール分解処理能力が弱いということになります。

 

仮にアルコールの処理能力が高いといっても、自分が持っているアルコールの分解処理能力を超えるだけのお酒を飲んでしまったときには二日酔いの症状がでてくるといった可能性もあるのです。アルコールの分解処理能力というのは個人差がとても大きいものです。

 

一滴のアルコールを飲んだとしてもお酒に酔ってしまうという人もいるのですが、何杯飲んだとしてもお酒に酔わないといったような人もいます。二日酔いになりやすいかどうかというのもこうした部分に差がでてくるということです。

 

ちなみにお酒を飲み続けていくとお酒に強くなると言うようなことはよく言われていることですよね。しかし、これはまったく医学的な根拠のない話となっていますので、くれぐれも飲めないのに無理をして飲むということもないようにしましょう。

 

飲めない人が無理をしてお酒を飲んでしまうと、急性アルコール中毒になってしまうリスクが高くなりますので、気をつけておいてください。