二日酔いになりやすいお酒が弱い人

二日酔いになりやすいお酒が弱い人

二日酔いになりやすい人について書いていきましょう。二日酔いになりやすい人、そうではないといった人がいるのですが、この差はどこからくるものなのでしょうか。二日酔いになりやすい人というのはどういった人が二日酔いになりやすいのかという理由がわかれば対策ができますよね。ですので、ここではそうしたことを見ていきましょう。

 

二日酔いになりやすいというような人というのは肝臓の中にあるアルコールを分解するための酵素が弱いといったことが言えるのです。アセトアルデヒド脱水酵素というものなのですが、この酵素の働きが弱いとどうしても二日酔いになりやすいのです。

 

一般的には黒人や白人といった人種の人にはこのアセトアルデヒド脱水酵素の作用がとても強いとされています。それに対して、黄色人種であるアジア人、特に日本人の中にはいわゆる下戸といわれる人がいるくらいに弱いのです。ですので日本人は欧米の人に比べるとどうしても二日酔いになりやすいといわれているのです。

 

ちなみに同じ日本人だといってもアセトアルデヒド脱水酵素の作用の強さというのはまったく違ってくるものなのです。少しお酒を飲んだだけでも倒れてしまう下戸と言われる人はこのアセトアルデヒド脱水酵素というものを持っていないということもあるのです。

 

逆にジョッキ何杯ものビールを飲んだとしてもそのときには酔いつぶれてしまっても翌日にはけろりとしているような人もいますよね。二日酔いになりやすい人というのはアルコールの分解に関しては肝臓の働きが弱い人というようにいってもいいかもしれませんね。

 

ちなみにお酒を飲んだときに顔が赤くなりやすいといった人というのは注意をしておいたほうがいいでしょう。
こうした顔が赤くなるというようなことは体内でアルコールを分解していく過程ででるアセトアルデヒドの作用によって起こってしまうものです。

 

こうした状態が長く続いてしまうという人はアルコールを分解する能力が低い、もしくは、まったくないということになるのです。顔が赤くなることで気分が良いというように誤解されてしまうこともあるのですが、そんなことはまったくありません。むしろ身体がアルコールを摂取し過ぎていますよ、というようなサインをだしてくれていると思ってもかまいません。

 

加齢によって肝臓の衰えというものがあったときにも二日酔いというのはでやすくなってしまいます。ですので、日頃からお酒の飲み過ぎというのは注意しておくといいでしょう。

 

基本的にお酒を飲めないというような人は、無理をして飲んでしまうことは避けるようにしましょう。無理をして飲むことで急性アルコール中毒になってしまうことがあるので、無理なものは無理としっかりと意識しておくといいでしょう。どうしても場の雰囲気で飲まないといけないというのであれば、口をつける程度にしておくといいですね。