肝臓の働きを強くするオルニチン

肝臓の働きを強くするオルニチン

オルニチンというのはアミノ酸のひとつで主に肝臓でその作用を働かせてくれるといった成分になります。ふだんから口にするような食材の中にも微量には含まれているものです。

 

身体の中に入ることによって肝臓の機能を保って、疲労回復をさせてくれるといった効果があるとされているのです。このオルニチンにはふつうのたんぱく質の中に存在しているといったアミノ酸とは違う、遊離アミノ酸といわれるものになります。

 

主に血液中に存在する成分だといわれているものになります。肝臓においてはアンモニアの解毒を行ってくれるなどの重要な働きをしてくれているものなのです。

 

オルニチンを口から摂取することで腸の中で吸収されて、肝臓などの臓器に運ばれていくことになります。肝臓にまでたどりついたオルニチンはオルニチンサイクルといった経路を使ってアンモニアの解毒を促進してくれるのです。

 

アンモニアというのは体内においては有害物質であるということで知られています。脳を働かせてくれるといったグルコースという成分の生成を妨げる働きをしたり、ATPという生命活動の働きを持つ成分の生成を妨げるといったような働きをするもので、身体にとっては悪い影響しかないものなのです。

 

オルニチンとはそのアンモニアの解毒を助けることができる成分ですので、重要な成分だといってもいいでしょう。オルニチンがたくさん含まれているものとしてはしじみをあげることができます。

 

ですので、しじみの味噌汁などは身体に良いというように考えられているのです。他の食品にもオルニチン自体は含まれているのですが、微量になりますので、しじみに含まれている量というのは断トツになるということです。

 

オルニチンを摂取することで肝臓の機能を保持してくれるといった作用から、二日酔いに対しての効果もあるとされているのです。最近ではこのオルニチンを主成分としたサプリメントなども販売されているくらいです。ですのでお酒を飲む前というようなときであったとしても手軽に摂取することができるでしょう。

 

また、疲労回復のためにも毎日摂取していくようにしてもいいような成分だといってもいいでしょう。肝臓というのは人間の身体の中でも特に重要な臓器だといってもいいでしょう。ですのでその肝臓を助けるためにも、お酒を飲む前には摂取しておきたいものですね。